a0224176_22001394.jpg
a0224176_22002402.jpg
a0224176_22000257.jpg
a0224176_22002976.jpg
a0224176_22003776.jpg
a0224176_22020471.jpg




a0224176_09522449.png

[PR]
a0224176_16101145.jpg
シオカラトンボ(オス)
a0224176_15362812.jpg
シオカラトンボ(メス)
a0224176_16003083.jpg
ナナフシ
a0224176_15371083.jpg
カラスアゲハ
a0224176_15364899.jpg
モンキアゲハ
a0224176_16151740.jpg
朝夕や散水した後などは、いろいろなアゲハ蝶が飛んできます
a0224176_09522449.png

[PR]
a0224176_13525121.jpg
⇩デジブックをクリックすると映像が流れます。

Published by デジブック
a0224176_15323611.jpg
a0224176_15330116.jpg


a0224176_09522449.png

[PR]
諫早のアンテナショップの入口のお花の入れ替えも木古里の仕事です。
アジサイに真っ赤なグロリオサとピンクのバラが映えます。
a0224176_16532911.jpg
a0224176_09522449.png

[PR]
五月連休ごろの木古里
ほのかなジャスミン香りが迎えてくれます

a0224176_14460652.jpg
a0224176_14461293.jpg
a0224176_14461750.jpg
a0224176_14482023.jpg
a0224176_14482639.jpg
a0224176_14480076.jpg
a0224176_09522449.png

[PR]
雑草のような茎が伸びてきたと思ったら、その先に可憐な紫の花が下向きに咲きました。
a0224176_229593.jpg


オダマキの花です。
a0224176_08473617.jpg


a0224176_08441037.jpg

オダマキの種類は世界に約70種が知られています。日本にはヤマオダマキ(紫褐色)、ミヤマオダマキ(青紫色)の2種が山地から高山にかけて分布します。

木古里に生えていたのは、ミヤマオダマキのようです。

紫の花びらのように見えるのは萼(がく)で、本当の花は内側の白い部分だそうです。


a0224176_09522449.png

[PR]