木古里のなかまの職人がつくったものです。サクラの小枝でつくってあり、人情味あふれたほほえましいミニチアです。
a0224176_11261043.jpg

その他の作品はここをクリックして!

a0224176_11504414.png

[PR]
木古里の坂道を登っていくと、紫色のジュランタが緑に映えて美しく咲き誇っていました。新しい作業棟前の水道受けも木古里らしい器が置いてあり、着々と改装整備は進んでいました。
a0224176_0291321.jpg
a0224176_0301380.jpg
一番上にある段々畑のところまで水道も設置され、森さんが放水して水圧を確かめていました。
a0224176_031417.jpg

夕方、水まきをした後には、アゲハチョウが吸水にきていました。木古里はすべての生き物にとってもオアシスなのですね。
a0224176_032972.jpg
a0224176_0323137.jpg



a0224176_11504414.png

[PR]
a0224176_0708.jpg
a0224176_081066.jpg
a0224176_085991.jpg多目的室には、エアコンが付き、じゅうたんと机、椅子がはいりました。シンクも取り付けられ、シンクの上にはガスコンロを置く予定です。ウォシュレットの便座も設置され、室内は棚などを準備すれば、完成です。また、8月29日に電気の最終調整があり、外の水道の工事もあと少しで完成します。その後に、ドンキーワールドの出張所として県に申請します。

a0224176_11504414.png

[PR]
a0224176_22182851.jpg
今日の12時ごろクレーンで運ばれて設置されたとのことだったけど、不思議なことに、夕方行ってみると、すでに木古里の景色の中にとけこんでいました。
a0224176_22192387.jpg


a0224176_11504414.png

[PR]
a0224176_16322799.jpg
上の方は、花畑をつくるためにユンボが活躍中でした。
a0224176_1633247.jpg



a0224176_11504414.png

[PR]
木古里のカンカン照りの夏の夕方の仕事は、暑さでくたびれている木々や草花のみずやりです。広い園内の数箇所から、飼育場で家畜に水を与えるように散水していきます。水をもらった木々や草花は元気をとりもどし輝きます。散水が終わるころには、木古里の空気もさわやなか涼しさにいれかわります。
a0224176_2215438.jpg
a0224176_2223398.jpg
a0224176_2262290.jpg

朝からココで休息中のカエル君、ヤツデの葉っぱの涼を拝借中


a0224176_11504414.png

[PR]